私共八勝館「食品部」は名を改め、八勝館「多波良」となりました。
慶長14年(1609年)、今の愛知県岡崎市にある伝馬町開設以来幕末まで続いた西本陣が八勝館の原点でございます。
明治の世になり名古屋に場所を改め、今の栄あたりで「多波良」という名で旅館を営みました。
文明開化の時代のその「多波良」の名を今一度現代に用いましたのは、新しいことへの挑戦が奥手の八勝館の小さな志でございます。

贈る人の心偲ばれる日本の味… 丹精こめて育まれた老舗ならではの味わい…
御贈答用として御用命いただける 八勝館 多波良 も御利用下さい。

八祥向かい鳩
 当館の塀瓦の紋様である、「向かい鳩」をモチーフにしたお干菓子です。
 茶の湯に縁が深い当館ならではの純製和三盆。お抹茶だけでなくコーヒーにも良く合うとのお言葉を頂いております。

八勝せんべい
 純良のもち米を用いたほんのり甘みをつけたおせんべい。小さなお子様からお茶人まで幅広いお客様にお好み頂いている品です。

珍味(左より、からすみ、このわた、生干くちこ)
 板場の〝作ってみたい〟から始まった特製珍味シリーズです。
 ご贈答にお喜び頂けます。

匠煮(左より、鰹ふりかけ、かつお昆布、きゃらぶき、実山椒こんぶ、山椒入りしらす煮)
 風味豊かな佃煮は、当館の商品の中でも最も人気のある商品です。
 ご接待やご婚礼、ご法事などにもご利用下さい。

きしめん ひやむぎ
 名古屋名物のきしめん、ひやむぎを生めんと乾めんでご用意致しております。
 暑い季節には冷たくしても美味しくお召し上がり頂けます。
 木箱または紙箱をお選び頂き、お客様のご希望の組み合わせで詰め合わせる事が出来、ご進物用にご好評いただいております。