明治半ばに建てられた材木商時代の代表的な部屋のひとつです。
梅の間との二部屋の茅葺屋根が印象的な棟にあります。

お部屋は全て庭に面しており、四季折々の表情をお楽しみいただけます。
大小さまざまなお部屋が12部屋あり、ご予約いただきました人数に合わせてお部屋を決めさせていただきます。

昭和25年築であり御幸の間と同じく堀口捨巳博士の作品です。
表千家の残月亭の写しとして名高い部屋です。

お部屋は全て庭に面しており、四季折々の表情をお楽しみいただけます。
大小さまざまなお部屋が12部屋あり、ご予約いただきました人数に合わせてお部屋を決めさせていただきます。

昭和33年築の堀口捨巳博士の作品。
御幸の間と同様に、軽快な堀口博士のモダニズムが光る部屋です。

お部屋は全て庭に面しており、四季折々の表情をお楽しみいただけます。
大小さまざまなお部屋が12部屋あり、ご予約いただきました人数に合わせてお部屋を決めさせていただきます。

昭和33年、堀口捨巳博士改築の作品です。
かつての材木商時代の菊の間とその隣の部屋を併せ、中広間として生まれ変わった部屋です。野趣あふれる庭が一眺できます。

お部屋は全て庭に面しており、四季折々の表情をお楽しみいただけます。
大小さまざまなお部屋が12部屋あり、ご予約いただきました人数に合わせてお部屋を決めさせていただきます。

400年ほど前の建築物を、昭和初期に滋賀県甲賀郡より移築した部屋です。
田舎家でのお食事をご希望のお客様のみ、ご予約時にその旨をお申し付けくださいませ。
(お一人様27,000円(税別)以上の料理をご予約のお客様に限らせていただきます。8名様以内。)
板場がお客様の前にて囲炉裏を用い、二品ほど調理させていただきますので人気の高い部屋です。