エグゼクティブ懐石

 

エグゼクティブ懐石

◆  エグゼクティブ懐石のご案内  ◆

大正14年創業の八勝館は、敷地内に一歩足を踏み入れれば、そこは別世界
幾多の時代の変遷に、日本の伝統文化を守り抜いたその姿は
訪れるお客様を、一世紀前の昔にいざないます
苔生した広大なお庭を歩かれた後には
茶室での茶道体験(お茶席用のテーブル・イスにて呈茶)をしていただき
昭和天皇ご宿泊の「御幸の間」でお食事(テーブル・イス席)と
芸妓衆の「お座付き」「お座敷遊び」をご堪能下さい

 

 

御幸の間450*300

お食事をお召し上がりいただく「御幸の間」。昭和天皇の宿泊所として、昭和25年(1950年)に建てられました。広大なお庭と池を見ながらいただく懐石料理は格別です。御幸の間にて、芸妓衆の踊りとお座敷遊びをお愉しみいただきます。

残月亭450*300

お茶を体験していただく「残月の間」。表千家の「残月亭」の写しとして、数寄屋建築の巨匠・堀口捨己博士によって御幸の間と同じく昭和25年に建てられました。

 

 

【開催概要】
開催日 令和2年4月~、当館営業日。
時間 【昼席】11時45分〜15時(3時間15分)、【夜席】17時45分~21時(同)
料金 【昼席】お一人様 100,000円(飲物代別、税別、サービス料込み。お二人様以上から承ります)
【夜席】お一人様 150,000円(飲物代別、税別、サービス料込み。お二人様以上から承ります)
<ご料金に含まれるもの>
・庭のご案内
・茶道体験(お抹茶、菓子)
・お料理代金
・名妓連による「お座付き」「お座敷遊び」
ご予約 ※お電話 052-831-1585 にて承ります。

 

 

【当日のスケジュール】

11:45、17:45
玄関で男衆がお客様をお出迎えし、そのままお庭へご案内
〜男衆がご案内します〜
※カメラを是非ご持参ください

12:10、18:10
「残月の間」で茶道体験
「立礼」式で、お抹茶をお愉しみください
(茶席用テーブル・イスを好まれない方はお申し出ください)

12:30、18:30
「御幸の間」にて、懐石料理をお召し上がりいただきます
名妓連組合による「お座付き」「お座敷遊び」
芸妓衆の伝統芸能をご堪能ください

15:00、21:00
お見送り

 

 

 

お電話での問合せ

イベント一覧に戻る