お料理(春料理)

 

◆  お 料 理  ◆

ある春の椀ある春の椀
 海老真蒸 / 蕨 / 春子椎茸 / 桜花 / 木の芽
 器:輪島塗 蝶々

ある春の口取ある春の口取
 小鯛小袖桜寿司 / 花びら百合根 / 車海老生雲丹焼 / 鰻八幡巻 / 飯蛸艶煮 / 一寸豆塩蒸し
 器:玉置保夫 紅志野平皿

ある春の焼物ある春の焼物
 油女 木の芽焼 / はじかみ / 独活酢漬
 器:加藤重高 織部手付鉢

ある春のご飯ある春のご飯
 筍飯土鍋炊き
 土鍋:中川一辺陶

すっぽん鍋懐石 10月上旬〜3月下旬)

秋の深まりとともに訪れるあたたかい鍋料理が恋しい季節。そんな時季に滋味深いすっぽんを味わうという贅沢な時間。すっぽん料理に、季節の食材を用いた逸品を合わせ、秋冬の特別懐石としてご用意しました。
【詳細を見る】

鴨御狩り場懐石 かもおかりば(12月上旬〜2月上旬)

脂ののった鴨ロース肉を下仁田葱と共に鉄板で焼き特製のタレで味を付けた「御狩場焼」と、寒い冬にかかせない八勝館の鍋料理「鴨鍋」、二種の料理をメインにした「鴨御狩り場懐石」。冬の八勝館も、美味しい特別料理をご用意しております。
【詳細を見る】

はもまつ懐石 (9月上旬〜10月中旬)

秋の鱧は奥深い脂の味わいと、松茸との相性が良い事から「松茸はも」と称する事も。その相性の良い「はも」と「まつたけ」を更にお愉しみ頂けるよう料理長が二種類のコースをご用意いたしました。
秋の訪れを八勝館の風情とともに「はもまつ懐石」でお愉しみください。
【詳細を見る】

鱧懐石 はも (7月上旬〜10月中旬)

うっすらと純白や桃色に透けるように輝く、白身は淡泊で、極めて美味。
夏の味覚を代表する「鱧」。
その中でも、最高の品質を誇る瀬戸内、淡路の鱧でお作りする「鱧懐石」は、その魅力を存分に味わって頂けるお献立です。
【詳細を見る】

ふぐ懐石 (11月上旬〜)

地元の鰒をふんだんに用いた、鰒尽くしの特別懐石をご用意いたしました。寒く長い冬を、八勝館の風情と共にふぐ懐石でお愉しみください。
【詳細を見る】

 

○料金(サービス料込・税別)

 お一人様 … 22,000円~
 (平日昼席のみ 18,000円~)
 お子様 … 大人料理の70%
 (小学生以下、ご希望の場合のみ)

○営業日時
 庭へのご案内も営業時間内のみとさせて頂きます。

午前11:45~午後3:00 ×
午後5:45~午後9:00 ×
水曜日は20名様以上のご予約の場合ご相談下さい。(営業を検討致します)
お盆とお正月は休業させて頂きます。